森みずえ歌集『水辺のこゑ』

娘を乗せて電車曲がりてゆきしあと駅のさくらのしんと匂へる

生まれたる水辺のほかをまだ知らず水とりのひな母に従きゆく

ひしめきて稚魚のぼりくる朝の潟はなのやうなる海月も混じる

雪やなぎ白たわわなるその下に二人子睦みゐたる日のあり

森の上にひとたび浮いてゆつくりと水に降りゆくしらさぎの脚 

 

鳥の声、虫の声、風に揺れる木々の声。

みんな純真な嬰児(みどりご)のように思えてくる日。

誰かがどこからか私にそっとささやきかけてくる。

 

もう、急がずに衒わずに

歌を詠めばいいのだよ。

 

四六版上製カバー装 2500円・税別

  

0 コメント

松岡秀明歌集『病室のマトリョーシカ』

ホスピスへの入院希望を書く紙に誰の意志かを(ただ)す欄あり

それぞれの(せい)へひとみな帰りゆく追悼試合終はり日暮れて

わが横でメス動かせる相棒は裁縫上手な大阪女

嬰児(みどりご)の碧の眼濡れてあれば海原の始めここにありと見ゆ

森といふ器に母は寝転びて父なるわれは子を空に抱く

踊り手でありし男の病室にオディロン・ルドンの花咲きほこる

マトリョーシカ分かちてつひに現はるるうろをもたないさき人形

 

この歌集の著者は、精神科医であり、ホスピスの医師でもある。医師という仕事は、人間の死を、死んでゆく人によりそうようにしてごく近くで見る機会もあれば、鳥の視点のように広い大きな視野で冷静にながめうる機会もある。この歌集には多くの人間の死がうたわれていて、読者は、死を、当然のことながら生についても、独特の遠近法でうたわれた歌にであうことができる。          佐佐木幸綱

 

A5版上製カバー装 2600円・税別

 

1 コメント

三井修『汽水域』

 

 

 

 

 

バーボンの水割りふふめば北溟を一人ボートに()く心地する

 

屋上に見下ろす地には試歩の人それに付き添う人のしずけし

 

抒情詩(リリック)叙事詩(エピック)鋭く交差するアラビアなりしか 若く旅しき

 

一瞬といえども我はしかと見つ翔びゆく蜂の垂れいる肢を

 

 

浅き瀬を腹擦りながら上りゆく魚らは今日を婚姻の色

 

 

 

やわらかな言葉、おだやかなしらべ。

 

社会や生活の現実を真摯に見つめ、身めぐりの自然に心寄せながら、

 

この定型の過剰を削ぎつつ詠う。

 

いまだ見ぬ美の高みへ、そしてたましいの深みへと向かう孤高の翼!

 

  

A5版上製カバー装 2800円・税別

1 コメント

三輪良子『木綿の時間』

 

子を三人(みたり)生みて育てし歳月はたとへば木綿のやうなる時間

要介護5の<5>は鍵のやうな文字 春のとびらをこじ開けてくる

向きあひて(いん)(げん)のすぢ母とひく つういつういと日のあるうちに

虹のまた向かうに虹の立つ夕べ過ぎし人らの影を照らせり

崇福寺 正覚寺下 思案橋 サ行の(おん)の響きあふ町

 

家族をテーマにした一冊と言っていい。三人の子を育てた時間を「木綿のやうなる時間」と歌っている。木綿といえば、肌ざわりがよく、じょうぶ。通気性がよく涼しい、また厚手にすれば温かい。三輪さんはきっと「木綿のやうな」母親だったのだろう。

 

伊藤一彦・跋より

1 コメント

道浦母都子歌集「無援の抒情」(新装版)

明日あると信じて来たる屋上に旗となるまで立ちつくすべし

ガス弾の匂い残れる黒髪を洗い梳かして君に逢いゆく

君のこと想いて過ぎし独房のひと日をわれの青春とする


70年代、全共闘世代をひたむきに疾走し、純粋な生の輝きを高らかに詠った。時代を超えて今なお愛唱され、あらたな感動をもたらし続ける伝説の歌集がここに蘇る!

 

四六版上製カバー装 1852円・税別

0 コメント

町田勝男歌集『憧憬譜』

いただきをひとり占めして胸はだけ峠の山風身に沁みにけり
日苔のる栽松院のいしぶみにまかり撫づれば碑面ぬくとし
妻とあゆむ林のみちに金蘭をいくつかぞへる朝のよろこび
一服の狭山新茶のすがしさに鮪跳ねてゐいる大間の湯呑み

氏の歌を読むと、いにしえを想う歌があるが、何かもう、「うぶすなの土地」という感じがしてくる。
名もない里山や川を愛し、折をみては散策している。
別に目的があるわけではなく、思うがまま歩き、自然のなかに躰をゆだねている。やはり氏は、自然と遊ばなければ本質は出ない。 

福田龍生・解説より

四六版上製カバー装 2500円・税別

0 コメント

丸山律子歌集『シャウカステン』

砂利を踏む軍靴乱るる音のごとし葉月の朝の心の鼓動は

背を丸め草引く母の姿なる庭石ありて青き苔生す

今日からは姉さま女房なるを告げ写真の夫と酌む誕生日

山里を墨絵に鎮めふり続く雨の信濃は冷えまさりゆく

湖わたる風温もりて穏やかに芽吹き柳をなびかせて吹く

 

丸山さんの歌の特色は、観察眼の鋭どさと冷静さ、そしてその表現のきめ細かさや明晰さにある。

内藤明・跋より

 

四六版上製カバー装2500円・税抜

0 コメント

森田小夜子歌集『硝子の廻廊』

観覧車ゆるりと巡り思い出のかけらをひとつずつ汲みあげる

来年の桜をともに見ることを密かに願う密かに憂う

風つよき岬に立てば船出待つ帆船となる真白きドレス

丘の上に幸あるごとく丘のつく名の新しき町また生まる

新緑の樹々重なれる箱根山まなこ閉じてもみどりひろがる

てのひらに新しき家の鍵を載すひとりの船出の幽かな重み



抜群のユーモアのセンスで都会の寓話をうたいあげてきた作者が、夫の死と正面から向かいあうことによって、季節によって表情を変える自然の奥行き、人生の深い味わいをうたいはじめた。歌としての陰影を深めた第二歌集である。

佐佐木幸綱•帯文より


四六版上製カバー装 2500円•税込

0 コメント

光本恵子エッセイ集『人生の伴侶』

「自分のルーツを探して旅することも、自己確認のために詩歌を作ることもあろう。「短歌は自分探しの旅」でもある。本来、作品の創作はひとりでやるべきものであろう。結社のバックボーンに支えられ安心して孤立することなく、独立と自立の精神で短歌創作に気持ちを傾けている。

(本文中「孤独と孤立」より)



この細き一筋の道をたどるよりほかなしーー

やわらかで自在なこころと強靭なたましい


「口語自由律短歌」の道を生涯貫き通した先師•宮崎信義の志を継ぐ著者の、信州諏訪の地から発信され続ける清新なエッセイ集!


四六版並製カバー装 2500円•税別

0 コメント

三澤吏佐子歌集『シャドーグレー』

今日は少し疲れてるのハロウィンのカボチャのように笑つてみせる

沈黙の時の間に逃げ込めばシャドーグレーに黄昏れてくる

温かき飲み物売れる自販機の身内のやうな親しさに佇つ

工事場の乾いた闇の点と線繋ぎ合はせてるバリケード

手袋のままで握手をするときの皮膚感覚に二月過ぎゆく

鉄色の夜を帰りきて掌に除菌のソープ泡立ててをり

 

神職の身にある三澤吏佐子が、長い沈黙を破って、『遺構』以後の世界をここに繰り広げる。混沌とした「今」を生きる者のひとりとして、揺れつつ軋みつつも世情を俯瞰するその目差しは鋭く、そして優しい。〈シャドーグレー〉は光が強ければ強いほど深く濃くなる影の色。それは現代社会を象徴しているのだ。詩心の深化が際立つ。

野男•時田則雄

四六判上製カバー装 1800円•税込

0 コメント

服部幹子 松井香保里 円子聿 山岡紀代子合同歌集『ゆづり葉』

服部幹子『花びら餅』

 花びら餅に新春祝う母と吾かく睦み来し幾歳月を

 一夜明け清しき正月雪積みて初穂飾りに雀の群るる

 

松井香保里歌集『胡蝶の夢』

 岐阜蝶は寒葵の葉を食み育つしぶきその花葉陰にひそと

 奥美濃の明るき山路に巡り遇ふ春の女神の岐阜蝶の羽化

 

円子聿歌集『ひびき』

 角ひとつ曲がる街路の花水木春めく風にやさしさを添ふ

 うす曇る春の霞に花水木幾つ街路を紅に染む

 

 

山岡紀代子歌集『みすずかる』

 木遣歌社に木霊し樅の木の依代と立つ八ケ岳背に

 拝殿の四方を囲める御柱寒の蒼空に凛とし立てり

 

 

A5版上製カバー装丁 2500円•税別

 

0 コメント

村島典子歌集『地上には春の雨ふる』

にんげんは必ず死ぬと告げられて地球の出づる月の平原

入口は出口なるべし診察室の扉のなかは真つ青な空

青ぶだう紫ぶだう水晶のごときしづけさ死者のいきざし

この島をえらびて棲みしわれの子の胎にありにし日のごとき海

花ゆれて夕暮あましこのくにを愛するものら野をわたりゆく

 

苦しみ、悩み、かなしむほどに歌は異形の輝きを見せる。大和吉野、近江、沖縄•渡嘉敷の風土との邂逅を経て。前登志夫にもっとも近い詩的磁場で、今なおこの世に他界を見続けている。

四六判上製カバー装 2500円•税別

 

 

0 コメント

三島郁歌集『レクイエム』

六本木、いや六本松とわれら呼ぶ若く貧しき青春のヒル

集ひきて肩組み寮歌うたはむか「燦爛夢の」淡あはし夜は

わが干支の午はなにいろの夢を見る馬の目を借りのぞいてみたい

散歩好きのレノンの幻追ひたづぬセントラルパークも再びの夏

伝説の「子消し」の罪を償ふかなべてコケシは無心に祈る

 

〈桜狩短歌会〉に入会してからは、七十も半ばを過ぎていたせいか、多くのものを見ておこうと、あちらこちらに足を運んだ。その折々に目にしたものをなるべく自然体で詠もうと心掛けてきた。ただその底にはいつも鎮魂の想いがあった。『レクイエム』とした次第である。ーあとがきよりー

 

四六判上製カバー装 2300円•税別

3 コメント

昭和9年生れ歌人叢書4『まほろばいづこ 戦中•戦後の狭間を生きて』

こうした仲間をもてることは、私たちのこれからの生をより豊かに、温かくしてくれると思う。

戦後、奇跡のようにつづいた戦争のなかった時代にも、最近は変化が兆しはじめている。

そうした時点において、本会の意義は一層重要さを増している。各自の戦中•戦後の体験記であり、戦争の無い世界への熱い祈念である本書が、会員のみならずひろく一般にも読まれ、後の世代の平和に貢献できるよう、心から願っている。結城文•序より

 

軍歌からラブソングへ         朝井恭子  

少年のころ              綾部剛   

灯火管制               綾部光芳

鶏の声                板橋登美

ニイタカヤマノボレ          江頭洋子

戦の後に               大芝貫

語り部                河村郁子

昭和二十年八月十五日         國府田婦志子

戦中•戦後の国民学校生         島田暉

空                  椙山良作

確かなるもの             竹内和世

村人                 中村キネ

太平洋戦争ー戦中•戦後         花田恒久

氷頭                 林宏匡

記憶たぐりて             東野典子

少年の日の断想            日野正美

宝の命                平山良明

空に海に               藤井治

戦中戦後               三浦てるよ

椎葉村にて国民学校初等科の過程を卒う 水落博

夏白昼夢               山野吾郎

生きた時代              結城文

ひまの実               四元仰

 
並製冊子版 2000円•税別
0 コメント

森上結子歌集『雪の花』

くろぐろと墨塗りたるを原点となしたるはずの教科書なりき

離郷して四十数年夫娘亡し思い出ただに詰まるこの町

何も見えないこの道だけどもう少し歩いてみよう 何が在るはず

ひさかたの天の浄めの雪の花そそげよそそげ父娘(こ)の墓に

受話器置き呆れたる目につけっ放しのテレビが映す東京のさくら

 

教科書に墨を塗った世代が生きづらい今の時代を渾身に生きようとする歌の数々が並んでいる。教師としてともに歩んだ亡き夫、障害者であった亡き娘を偲ぶ晩年の日々。透徹した目がとらえた日常は読む者の心に響く。  玉井清弘

 

四六判上製カバー装 2500円•税込

 

0 コメント

森屋めぐみ歌集『猫の耳』

部屋の隅に離れて眠る猫の耳ときどき我を確かめている

雷鳴にゾワリと全身逆立てて立ち上がりたり二匹の猫は

真昼間のゴールデン街毛繕いする猫以外動くものなし

端無くも幽明界を異にして父と真昼の雨を見ている

 

作者の猫の歌の特色は、猫をよく見て、よくよく観察していることである。猫好きの人は、猫の写真集だけではなく、猫のエッセイ、猫の短歌まで愛読すると聞く。この歌集は、猫好きの人たちに愛読されることになるだろう。

佐佐木幸綱•跋より

 

四六判上製カバー装 2500円•税別

0 コメント

南鏡子歌集『山雨』

ほうほうといのち浮き立つ春日(はるひ)なれ むらさきの鶴みづいろの鶴

ひんやりと萩の風くる夜明けがた月もうさぎももう消えて

誰も居ぬちちははの家山雨して梅のあを実に酸こごる頃

雨の日は車前草もひくく濡れてをりあをいいのちの雨のおほばこ

 

南さんの歌はすみずみまで充実して、満ちている。どこもとんがっていない、壊れていない。さびしいさびしいと訴える歌が目に立つが、その「さびしさ」こそ充実してつやがある。  光田和伸•跋より

 

46判上製カバー 2500円•税別

0 コメント

三田純子歌集『桃色の麒麟』

桃色の麒麟とう名のつつじ咲く近くに寄りてしみじみと見る

本郷は母の育ちし町なれば行きかう人の肩あたたかし

再びの逢いはつかの間ひとり乗る「ひかり」6号車がら空きのまま

母居れば開けたであろうロゼワイン開けることなく年越えゆけり

抽斗しにいまも残りし父からの旅の葉書の海の碧さよ

 

人がいずこへともなく行き交う。

風景が黙ったままで目の前を通り過ぎていく。

そんな日常の中に「一瞬の生を輝かせよう」

と説いた先師•山田震太郎の教え。

「聖体」として結晶していく歌の数々!

 

四六判上製カバー装 2380円•税込

0 コメント

宮間ミエ子歌集『ふうかし』

「ふうかし」と呼ぶ古里の浅蜊汁貝殻音たつ母の思い出

難病の夫が殺せと荒む日の黙してわれは米を研ぎおり

取れそうで取れない高さもどかしく夕焼色の烏瓜ゆる

夫看取るための退職明日からの見えぬ不安は神にゆだねる

決めかねる事を思いて乗る電車中吊り広告ゆらりとゆれる

 

「ふうかし」という歌集名。浅蜊汁の味噌汁のことだという。木更津では戦前戦後、いくらでも浅蜊が獲れたとうかがった。語源はよく分からないという。…晋樹隆彦•跋より

 

四六判上製カバー装 2625円•税込

 

 

0 コメント

町田勝男歌集『寂さびと一人旅』

しろがねのつらなるはるか向かうには女(め)の神の棲む雪の蔵王が

鋭角の冬の木立にしづみゆく大き日の輪のあかね 色をかへゆく

梓川はあをさもあをし雪解水の瀬おとすがしく時にうづまく自在

まなかひの秩父の山の蒼ければ、雪ふるきざし吹く風も凍む

湧きあがりながるる雲はたまたまに人のかたちとなりてくづるる

 

真実寂しく抱きつつ

なにを求めんと杣たどる

真実むなしきものならば

みちのくの山にきて

寂さびとものおもう

 

四六判上製カバー装 2730円•税込

0 コメント

前川多美江歌集『水のゆくさき』

港より立ちあがる街長崎の五月の空は海照りの光

八日生きし子も一族の紋のうち両手にかこむ壷にねむれる

睫毛まで千涸ぶ泥に固まりて砲を曳く馬立ちつくしおり

八月一日わが撃たれし空襲に崩れし町の写真を見たり

白濁の視界の端にみえてくるわが家の庭の夏葉の椿

 

生家跡 爆心地にむく石垣が石の鱗を落としはじめぬ

 

久しぶりに訪ねた生家跡の石垣。原爆の閃光を浴びたその石垣の表面が剥がれ落ちるのを、「石の鱗」とした比喩が巧みであるし、歳月を越えて被爆体験を作者にありありと蘇らせる。馬場昭徳(解説より)

 

 

A5判上製 2730円•税込

 

0 コメント

村山伀歌集『ふぶき鳴り』

卒業の子らが糸寄せ編みくれし赤きセーター妻に着て見す

うつつなくひばり見上ぐる生徒らの幾人ゆるし授業すすめる

走り込みジャンプ一番額(ぬか)で打つボールは瞬時に防御を破る

 

鴻の鳴き渡る雪の〈新潟〉。

風土に随い、瑞々しい魂のさやぎを

長期にわたりロジカルに、

ファンタスティックに彫琢した。

 

四六判上製カバー装 2625円•税込

 

0 コメント

三橋たまき歌集『玉響』

心の火かきたてかきたて生ききたりいまたまゆらのやすらぎのなか

満たされてあるものやよし春の宵ひとはやさしく言葉を紡ぐ

若き日を識るは楽しきさりながら若き日のみを知るは切なし

冬の樹々黙すのみなりにんげんはやさしきことばかたみにもてり

気まぐれな少し破調な人生も悪くはないさ虫の夜となる

 

作歌半世紀の軌跡は決しておだやかなものではなかった。

いま、ひととき、人生の安らぎの時間と場を得た。

しかし、歌は眠らない。

さらに深まり、いよいよ命の実相への問いかけが始まる。

 

四六判上製カバー装 2625円•税込

0 コメント

森内道夫歌集『馬を与へよ』

山脈のあなた夏雲湧くあなた少年の吾に馬を与えよ

浜風に二匹の蝶の天降りてきて日傘の妻を越えて消えたり

馬の来し跡あまたなる水の辺に夕迫り来る阿蘇の山風

 

森内さんの歌は、いつ、どこで、誰が、といった「5W1H」が省略されている。

そのために読み手は想像するしかない。

浅読みや深読みが可能な文体であり、それゆえに面白いとも言える。恒成美代子跋より

 

 

四六版並製カバー装 2000円•税込

 

0 コメント

森朝男著『古歌に尋ねよ』

=完売しました=(電子書籍化を検討中です、お問い合わせ下さい)

=第20回ながらみ書房出版賞受賞!=

 

和歌は、今日なお生産的な読み物でありうるか?

鬱蒼とした、その森へ

我々の現在をひき抱えつつ、呼びかける。

 

歌誌「心の花」十年間の連載をもとにした本書は、

古事記、万葉集から近代和歌に至るまで、古歌を広く猟し、

文芸的に、人生的に、自然観的に言問うた一冊である。

 

46版上製カバー装 2000円•税込

0 コメント

造酒廣秋歌集『秋花冬月』

夕つ日にすくはれてとぶ鳥のむれ時雨すぎたる空があかるし

くちづけのあつきひとときわが視野のけぶるがごとくあをあをとせり

秋ははや釣鐘人参咲きにけりふるさととよぶうすきくらがり

背びらきのさかなのやうに扁平になりて眠れるゆふぐれの父

たかむらをなぎゆく夜の秋の風ひとにかへせば手はあたたかし

薄紙につつんで桃をつめあはすやうに心を並べてみたい

 

歳月は人を孤独にする。

出会い、別れのくりかえし。

ひときわ人を恋しいと思う時、なつかしいと思う時

歌は密かに三界を語り始める!

 

四六版上製カバー装 三〇〇〇円•税込

 

19 コメント

森口和歌子歌集『潮騒』

陽に叩く炬燵蒲団よりぽろと落つ貼りつきし餡は母の好物

薔薇のとげに刺され指より吹き出づるこの鮮血はわたくしのもの

 

四六版上製カバー装 2,625円•税込

 

0 コメント

美帆シボ歌集『人を恋うロバ』

■在庫ございます■

 

フランス語と日本語で、原爆を、平和を、日本を、世界を考える。

美帆シボさんは、フランスに住み、フランス語圏に原爆の実相を伝える活動を展開している。

ヨーロッパと日本の人や風景を、知性的かつ清潔な抒情でうたいあげた待望の歌集である。

 

佐佐木幸綱・帯文より

 

四六判上製カバー装 税込2625円

0 コメント