三井修『汽水域』

 

 

 

 

 

バーボンの水割りふふめば北溟を一人ボートに()く心地する

 

屋上に見下ろす地には試歩の人それに付き添う人のしずけし

 

抒情詩(リリック)叙事詩(エピック)鋭く交差するアラビアなりしか 若く旅しき

 

一瞬といえども我はしかと見つ翔びゆく蜂の垂れいる肢を

 

 

浅き瀬を腹擦りながら上りゆく魚らは今日を婚姻の色

 

 

 

やわらかな言葉、おだやかなしらべ。

 

社会や生活の現実を真摯に見つめ、身めぐりの自然に心寄せながら、

 

この定型の過剰を削ぎつつ詠う。

 

いまだ見ぬ美の高みへ、そしてたましいの深みへと向かう孤高の翼!

 

  

A5版上製カバー装 2800円・税別

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    北辺史郎 (日曜日, 04 9月 2016 11:08)

    三井修歌集「汽水域」1冊購入しますので、上記「短歌往来」購読者肩書き地あて、送付方、よろしくお願いします。