野田恵美子歌集『風のあしあと』

潮騒のごとき囀りつばくろの葦の塒に吸はれて止みぬ

離れ住む母の買物携帯に訊きつつ選ぶ秋のブラウス

潮風に吹き寄せらるる花のごとかもめ群れゐる知多の渚に

胸底の埋め火かもとシクラメン夕べの窓に緋の色震ふ

氷の色の蒼空映る湖にかそかなさざ波水鳥の影

安らかに笑む母の面苦行より解き放されし尼僧のごとく

 

鳥に関わる知識と情愛が実に深く、鳥をモチーフにした作品が主流になっています。繊細でナイーブな歌は作者の人柄と相通じるものがあり、純粋な思いが伝わってきます。(青木陽子・帯文)

 

A5版上製カバー装丁 2600円税別


西村慶子歌集『むさしあぶみ』

しろじろと遠き桜のつらなりを眺めをりしにはやもみどりに

おのれひとりの時もつ夫かしづかなる目を向けてゐる盆踊りの輪

うすべにの小花が茎を巻きのぼるもぢづりかなし芝にはなやぐ

あてもなきあゆみたのしみ里山にあくがれてゐる童女さながら

時をかけ聴かうと耳に手を添へて悲しきかたちのわれとなりゐつ

 

過ぎ去っていった歳月のなかで、陰翳をもってよみがえる、夫の、友の声、そして草花。目を閉じて、深く静かにこころをめぐらせれば、かれらは歌のすがたとなって現れてくる。

0 コメント

那須愛子歌集『希求はるか』

海は母 地球に生命育みつつ四十億年すべて許し来

一生われを守ると君が約束のふいに聞こえてあとは海鳴り

まだ暗き街へ仕事に行く吾娘へマヤ人も飲みしココアを沸かす

震へながらマイクを握る戦争を厭ひし母の影に押されて

人間は水と恋とで出来てゐるはるか原初の平和希求す

 

 

繰り返し詠われる青の歌、海の歌から、人間の根源に立ち返って思索をしながら生きている那須さんの生き方、歌への姿勢を感じました。         木村雅子・序より

0 コメント

南條暁美『往き帰る』

坂道の角を曲がれば弟の生れし家なり馬酔木が匂ふ

ページ繰る記憶残して返り来ず亡き弟に貸したる詩集

六歳のわが目に被爆の天主堂煉瓦の浮遊してゆくごとし

梯子のびて若き男が赤き玉を拭きはじめたり風の交差点

好きな場所選んで人は皆ゴビに葬られるとふ広大な墓所

終電の遠く過ぎゆく音のして生きる日々とは往き帰ること

 

「旅が私の人生そのもの」と南條さんはいう。その旅とは、自らの来歴をたどる旅であり、歴史を遡る旅である。さらには人間の生死が見えわたるような場所への旅であろう。                 

 

小林幸子・解説より

 四六版上製カバー装 2500円・税別

0 コメント

永谷理一郎『忘れ物を取りに帰ろう』

忘れ物を取りに帰ろう 敗戦後の無限に開けた青空のメモを

原爆が昭和史を分けた アメリカではエンゼルと呼ぶサタンの花束

銀座にはママたちの夢が棲んでいた 沈んで浮いて消えた夢たち

メビウスの軌道がそっと用意され 平和の顔した戦争がくる

絆には黒い絆もあるという 原発進めた絆くろぐろ 

 

反骨の気概とやわらかな心が凝視する世界は暗か明か?

この限りあるいのちを生きる者の眼に時代はどう映るのか?

するどい批評性をたたえた歌の数々と明快な論の展開。

八十五歳、人生の忘れ物を探し続ける颯爽とした口語短歌の旅人。

 

四六版上製カバー装 1500円・税別

 

0 コメント

中村雅子歌集『雪に従ふ』

身めぐりを踏みかためをりし肢萎えの犬のいばりが新雪に濃く
逃げられぬまま水の星に身をゆだね雪にけぶれる原発みをり
ともなふは風ばかりにてたよりなく足のしづまぬ凍てし雪ふむ
しもづきに入りて這ひずり草ひけど終らぬがまま雪に埋もるる
小樽運河の昏みにゆらぐ斜の灯に浮かび乱るる雪のはなやぎ

 

どうしようとも雪は雪

だが北の大地を埋める白は

幻白さながら心に残る

どのように雪に従うか

その応えは歌のなかにある

 

福田龍生 帯文より

四六判上製カバー装 2500円・税別

0 コメント

野々村學歌集『霞町七番地』

うぐいすの声の聞こえてふりむけばテレビの中の六月の森

遠雷のやがてとどろに近づきて光る投網を幾たびも打つ

しぐれ来て高野の山のほのぐらき女人堂よりタクシーを呼ぶ

ひたひたと日の傾けばこの街に補聴器店のまたひとつ増ゆ

縁側に新聞読むと妻に告げあとは静かな梅雨の水底

 

昭和十二年「霞町七番地」に生を受けた一つの命が、戦争を挟んで生きて来た、人生の記録としての短歌。対象を決して突き放すことなく、優しく肯定的に見守る温もりが、この歌集の最大の魅力だろう。谷岡亜紀•解説より

四六判上製カバー装 2500円•税別

0 コメント

中澤百合子歌集『青き麦なり』

この朝を始発電車の音を聞く醒めずに逝きし母のその刻

幼子の黄の傘二つ通り過ぎまた静かなり朝の坂道

海辺より道は始まる 糸杉の並木の果ての白き教会

少年は青き麦なり すんすんと母を越えたり喉仏見ゆ

父を恋う一日なりけり秋は石蕗の黄花ぬらして止まず

 

新築の家の二世帯用表札、幼子の黄の傘、少女らの他愛のないおしゃべり、閉鎖されたピアノ教室等々、どこの街にもある住民の日常生活のひとこまであろうが、中澤さんの観察に掛かると、それらが俄かに生き生きとした生命観を帯びてくる。 三井修•跋より

 

四六判上製カバー装丁 2500円•税別

 

 

 

0 コメント

長井隆子歌集『ミモザの下に』

残る生を心つくして生きたしと思ひ深むるミモザの下に

共に見る人無きはさびし又すがし出て来てモネの睡蓮の前

諦めと変るこころも詮なきか水撒くサンダルが日ざしに熱し

にぎはひし宴のあとをいたく暗きわが顔電車の窓に映れり

体重き今宵は早くい寝むとす新しき花柄のシーツを敷きて

 

四六判上製カバー装 2500円•税別

0 コメント

北村芙沙子•中川禮子•結城文訳 ウィリアムIエリオット監修『茂吉のプリズム』

『赤光』Shakkō  Red Light

 

かがまりて見つつかなしもしみじみと水湧き()居れば砂うごくかな

crouching 

I observe the sand moving

as the water

springs up

feeling its sadness deeply

 

kagamarite

mitsutsu kanashi mo

shimijimi to

mizu waki ore ba

suna ugoku kana

 

 

死にしづむ火山のうへにわが母の乳汁(ちしる)の色のみづ見ゆるかな

in a volcano,

quiet as death,

I can see the water­

its color,

my mother’s breast

 

shi ni shizumu

kazan no ue ni

waga haha no

chishiru no iro no

mizu miyuru kana

 

四六判並製カバー装 2000円•税別

電子書籍版…1000円

 

title "Prism of Mokichi"

written by Mokichi Saito

translated by Kitamura FusaKo & Yuki Aya & Reiko Nakagawa & William Elliott

 

Mokichi Saito is the most famous tanka poet in Japan. 

He was born at 100 years ago, and he made the foundation of Japanese  modern tanka poetry. 

 

We have translated into English his first poem book.

 

2160yen

e-book…¥1000

続きを読む 0 コメント

長嶺元久歌集『カルテ棚』

■第10回筑紫歌壇賞受賞!

「わたくしを診た医者はみな死にました」宣らす翁を畏みて診る

聴診器はづせば聞こゆクックーと軒下の樫に飛び来たるらし

待機するAEDと語りたり「今日も出番がなくて良かつたね」

診療のはじめに交はす「こんにちは」そに病む人の塩梅を知る

 

医師にして優れた歌人は多い。本書の長嶺元久氏も内科医として医業に励みつつ熱心に作歌を続けてきた。長嶺氏の歌集『カルテ棚』の大きな特色は、来院した患者の歌の数の多いことと思う。そして、それらの作品が、患者に対する愛情に満ちていることはもちろん、温かいユーモアを醸していることに、読者は快い読後感を味わうであろう。作者のヒューマンな人柄のたまものに違いない。伊藤一彦

 

A5判上製カバー装 2730円•税込

 

0 コメント

梛野かおる歌集『Largo』

シロフォンの音色が叩く冬の窓つたえていない言葉を思う

白桔梗かすかに揺れて思い出は水の匂いのなかにあらわる

指先で伝えていたよ受け止めていたさと風舞う高架のホーム

すれ違う人の鞄がぶつかって沈めたはずの悲しみは来る

永遠の少し手前のこのあたり同じ角度に背もたれ倒す

 

コミュニケーションをはかることは日常の言葉によってできるが、心に横たわる思いを伝えるための言葉は詩や歌の言葉、すなわち文学によってしか表せない。(三枝浩樹•栞文より)

 

自らの思いを大切に、言葉を匠につないで歌っている。著者の声は胸深く届く。そして、直感での把握によって歌の広がりを得ている。(中川佐和子•栞文より)

 

四六判上製カバー装 2625円•税込

0 コメント

野村二郎歌集『二月の雨』

冬眠の蛙をめさます程に降れ二月の雨を湯船に聞くも

雪除けて切りいる杉の株の面(おも)湯気立ち匂う生木と匂う

霞こめる葦原なめてみどり立つ雨蕭々(しょうしょう)と降りつづくなか

車止め秋田杉林見ておれば羚羊尾を振り笹むらに入る

 

『二月の雨』に詠われている作品は、生きとし生けるものたちを、あたたかく見つめている作者の世界観をひそやかに顕たしめている一冊である。

 

四六判並製カバー装 1800円•税込

 

0 コメント

西澤惠子歌集『各駅停車』

留守宅の門扉のわきに犬槙が衛兵のごとまっすぐに立つ

一人降り二人降りして初夏の午後くつろぎ漂う各駅停車

娘との喧嘩の後のショッピング拘りつつも連れだって行く

亡き父が庭隅に植えし山紅葉巨木となりて影を作れり

橋の上にシャッターチャンスを持つ人の肩に桜の花びらの散る

 

槙は隙間なく葉を茂らせ、枝を伸ばす。

まさに衛兵のごとくまっすぐに立ち、内の様子は隠れて見えなくする。 晋樹隆彦•序より

 

四六判上製カバー装 2625円•税込

 

 

0 コメント

中沢明子歌集『花豆のうた』

カナカナの声脳天に落ちてきて生きるというはこんなにひとり

小春日和の縁のすみにはいつの日か選り残したる母のいんげん

鹿島槍登る約束きみはして私は今も待ち続けている

細長き爪は父より受け継ぎぬ押さえきれない感情なども

 

八ヶ岳南麗は豊かな自然

そこに暮らす生活のなかから

うたが生まれた

 

四六版並製カバー装 2010円•税込

 

 

0 コメント

中嶋ふじえ歌集『白い百合』

あやまたず過たず夫よ生きてほし小暗き垣根まがりてゆきぬ

寝不足の汚れし顔を俯けて庭の雑草むしりつづける

大声をあげて泣きたきに堪えている闇に間近くなにかが迫る

 

四六版上製カバー装 2730円•税込

 

0 コメント

中島彰代歌集『塩をもすこし』

大和野の陽につつまれて待ちをればちやんちやん祭りの列近づきぬ

我が内に母は生きいて厨辺に問へば応へて塩をもすこし

 

家族中心に中島彰代さんはいる。温かな湯気を立てながら、夫や子や孫たちを抱きしめる。

そこが、古都奈良であっても東京であっても、ニューヨークやヨハネスブルグであっても変わらない。

久我田鶴子跋文より

 

46版上製カバー装 2,520円•税込

 

 

0 コメント

中西敏子歌集『天のみづおと』

飛魚は空とぶ形に売られをり夕暮れどきの小さき市場

この春のいのち終へたる花びらを川はやさしく彼岸へ送る

惹かれたる薩摩切子の藍色はたとへば死後に見る空の色

 

中西敏子さんの歌に良質の透明感があるのは、その人生を誠実に懸命に生きてきた証が伝わってくるからである。

歌から現れてくるのは、どこか悠然としたところがあり、作品にも意志の強い自立した女性像がある。

山名康郎 跋より

四六版上製 2625円税込

 

0 コメント

永冶智恵子歌集『日だまりに添う』

永冶さんは東京農大成人学校以来もう二十年近く、熱心に世田谷の短歌サークルに通って来られている。

その永冶さんが金婚式を機に、初めての歌集を出された。

定年を迎えし夫とはや十年小春日和の日だまりに添う

『日だまりに添う』は、人生の小春日和にやさしくまどろむ夫婦愛の歌集である。谷岡亜紀(帯文より)

 

四六版並製カバー装 1500円•税込

 

 

 

0 コメント

中島裕介歌集『Starving Stargazer』

ベツレヘムに導かれても東方で妻らは餓える天動説者
Staring at the star of Bethlehem, she's a starving stargazer!

共生のための矯正の、嬌声のクレゾールに包まれている
The more I dose the dog with a drug, the less my drive to dive is ... Really?

 

音と音、意味と意味、イメージとイメージの響き合いを味わえばそれでよいのではないか。そう考えたら、たちまち楽しくなってきた。 栗木京子帯文より

 

四六判変形箱入り 2000円•税別

title Starving Stargazer 

written by Yusuke Nakajima

2160yen

続きを読む 0 コメント