久保富紀子歌集『旅行鞄』

判型:四六判上製カバー装

頁数:188頁

定価:2500円(税別)

ISBN 978-4-86629-130-7

土産わたして軽くなりたる旅行鞄に見えざるものを詰めて帰りぬ

 

久保富紀子さんは秋田県の出身で、今は宮崎に住む。秋田と宮崎の間をよく往復されるが、国内はもとより海外への旅の経験も豊富である。

その旅のまなざしを日常生活にも鋭くむけているところがさすが「旅行鞄」の歌人である。

 

時刻表通りに電車の来ることに慣れすぎて駅よ淋しくないか

 

 伊藤一彦 帯文

 

 

 

 

『旅行鞄』より5首

 

旅行とは鞄に夢を詰めること温めていた「いつか」を孵し

 

青空にどの子の夢も押し上げて冬のブランコ錆びた呼吸す

 

冷蔵庫を開ける一瞬ぴたり止む庫内の会話 われは拒まれて

 

カシオペアと名づけてヒトが繋ぐ星五つは永遠になかまと知らず

 

死を悟るこころ置く夜の長からむピーターパンのもう来ない窓

 

 

 

 

 


続きを読む