澤田美智子歌集『姑ひまわり』

ストーブの上に丸餅膨らみてあっちもこっちもいざこざ多し

半月のほの赤き翳みゆる空私の暗き部分見えくる

秋陽受け涅槃ぼとけの肩の上手足のばして猫も寝ている

姑を容れて夫と私三人の歯車今日もゆっくり廻る

閘門の重き鉄扉は水を制し木曽と長良の舟を渡しぬ


人生経験豊かな百一歳のお姑さんを著者は「はは」と呼び世話をして人生の在りようを日常的に教わっている。姑の最も好きな花はひまわりだという。著者も又姑を太陽とするひまわりでもあろう。

日比野義弘 帯文より


四六版上製カバー装 2500円・税別

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Iona Cavalier (土曜日, 04 2月 2017 01:17)


    My brother suggested I might like this web site. He was totally right. This post actually made my day. You can not imagine just how much time I had spent for this info! Thanks!