富澤文子歌集『コンドルの飛ぶ国へ』

ボヘミア古城彫刻の壁を写真に撮るだまし絵の技と明かされながら

夕暮れのスカイスクレーバーに雲かかりその下を行く渡りの鳥は

チチカカ湖さざ浪のたつ湖畔には龍の舳先のトトラ舟勇む

 

たのしい旅行詠。

国内は奈良とフクシマ。海外はチェコ、ハンガリー、オーストリア、マチュピチュ。

欧米各地にわたる明るく、楽しい歌集である。 草柳繁一

 

A5判上製カバー装 2000円•税込

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Gilberto Neiss (金曜日, 03 2月 2017 11:03)


    When someone writes an paragraph he/she maintains the idea of a user in his/her brain that how a user can understand it. Therefore that's why this paragraph is great. Thanks!