小木宏著『歌人の戦争責任』

歌人の戦争責任

 一、いまだにあいまいな戦争責任

 二、戦争、結果責任

 三、戦争責任

 四、歌人の戦争責任

  (1)昭和裕仁天皇の責任

  (2)内閣情報官•井上司朗

  (3)陸軍将軍•齋藤瀏

  (4)「新体制」に能動的に迎合した歌人•太田水穂

     帝国議会議員•吉植庄炊亮

 五、著名歌人たちの戦争責任

  (1)折口信夫の戦争責任

  (2)斎藤茂吉の戦争責任

 六、反省しなかった歌人たち

 七、宮中歌会始と歌人

 おわりに

 

木俣修と戦争

 一、傷つけられた魂

 二、「孤独」を生きる

 三、迎合者としての生

 四、歌人としての信念

 

歌人と戦争詠ー渡辺良三『小さな抵抗』を中心としてー

 はじめに

 1、捕虜刺殺を拒否した二等兵

 2、戦争行為への懺悔

 3、戦争行為の残虐性

 4、戦争行為と短歌

   ①渡辺良三の場合

   ②川口常孝の戦争詠

   ③宮柊二『山西省』から

   ④渡辺直己の戦争詠

 5、作品から見る渡辺良三の反天皇

 6、おわりにー短歌と戦争

四六版並製カバー装•1050円(税込)

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    櫻田 稔 (木曜日, 26 12月 2013 17:48)

    いささか掘り起し不足の感がありましたが問題提起になります。
    その後「茂吉の萬軍」を読みいろいろ考えました。