佐佐木幸綱歌集『ムーンウォーク』(再版)

=第63回読売文学賞受賞受賞!=


花束を受け取る人と渡す人いま交差する人生ふたつ

キャンパスに子ども 字が溶け言葉溶けて立つ看板の前に笑えり

しゃべりつつ言葉を選ぶ立ち止まりムーンウォークをする感じにて

 

おおらかに虚空を舞う現代短歌の翼。

切っ先の鋭い言葉の剣。

奔放にして自在なイメージ。

はらわたにしみる「人生」という旨酒。

 

四六版上製カバー装 2600円•税込

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    岸上良子 (火曜日, 23 10月 2012 18:59)

    いま交差するというところふたつの人生のあたたかいこれからの恋心をうたうような、いや恋でなくても、人間てそういうものだと思います。
    花束を受け取る人と渡す人がいること。人間は一人では通じない、大きな力で運命的に未来を約束されていたということ。そういう素敵な短歌です。
    いまを平仮名にしたのは視覚的に読みやすく勉強になりました。遅ればせながら受賞おめでとうございます。