田中拓也歌集『雲鳥』

=第17回寺山修司短歌賞受賞!=

 

雲鳥のはためく夏の岬より八月の空澄み渡りたり

バスに揺られ緑の山を眺めおり樹々の心は常に遠くて

誰の子の産声だろう 百段の石段のぼり聞く森の声

鉄塔に映える夕陽が美しい百万回生きたねこがほほえむ

未来とはさびしい言葉 古ぼけたテトラポットに腰をおろしぬ

あなたの立つ小高き丘を吹き抜ける風よ八千年の秋を集めよ

 

雲の間を飛ぶ鳥。その孤高にして純粋な霊魂の形象を仰ぎつつ、

流れ行く生の時間と向き合うやさしい眼差し。

澄みきった心には澄みきったしらべが宿り、言葉が青々と繁る。

被災詠をも加え、さらに厚みを増した歌のたしかな飛翔力。

 

四六版上製カバー装 2625円•税込

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    塩塚耕三 (月曜日, 05 8月 2013 22:00)

    雲鳥 田中拓也歌集の本の購入をしたいのですが、購入方法をお知らせ下さい。
    よろしくお願いいたします。

  • #2

    ながらみ書房 (火曜日, 06 8月 2013 09:40)

    塩塚様
    お問い合わせありがとうございます!
    郵便払込票を同封して書籍を送らせていただきますので、以下のご都合の良い方法にて、送付先の御住所をお教え願えますでしょうか。
    送料、振込手数料は弊社で負担致します。ながらみ書房佐々木拝
    tel :03-3234-2926
    fax :03-3234-3227
    mail:nagarami@jasmine.ocn.ne.jp