■社長の自己紹介■

phot(C)Hasegawa Yuich
phot(C)Hasegawa Yuich

皆さん、こんにちは! ながらみ書房の及川隆彦です。12年前、佐佐木幸綱氏から、オランダのお土産でチューリップの球根をいただきました。庭先にポンと埋めただけだったのですが、毎年花を咲かせます。 今年は特にたくさん咲きましたので、写真を撮りました。

簡単に自己紹介させていただきます。

わたしは1944年(昭19)、 千葉県は九十九里浜の近く野栄という田舎に生まれました。

社名は、その浜でとれるながらみという巻貝からつけています。

 

最近はあまりとれなくなりましたが、茹でてお酒のつまみにすると絶品です。

 

1985年(昭60)、ながらみ書房を興しました。

主に、短歌中心の歌集歌書を出版して今日に至っています。

点数はこの20年間、すでに一千点以上におよんでいるかと思います。

 

1989年(平元)には、月刊短歌誌「短歌往来」の刊行にふみきりました。 通巻191号(2005年4月号現在)となっております。

 

仕事柄もありますが、お酒を飲まない日はありません。タバコも止められません。

野球とボクシングのファン、ギャンブルは競馬が好きで、たまに東京競馬場へ足を運ぶこともあります。

 

今後ともよろしくご指導ください。


 

著書

晋樹隆彦歌集『浸蝕』

=第18回若山牧水賞受賞=

 

佐原を過ぎ香取を過ぎて吹くかぜは大利根川の秋のはこびや

六十数キロの長浜をおもい浸蝕をおもい蓮沼を過ぎ茫茫たりし

稜線のみはるかすまで秋雲の冷気するどくたなびきており

どの誌面も口語のうたのはびこりぬこれも浸蝕ことばお時代

ながらみもなめろうもある白里の小さき店に秋はふかまる

 

本阿弥書店より刊行いたしました。

四六判上製カバー装 2500円•税込 

0 コメント